交尾


のぞみ『ゴム嫌いなの…生で挿れてください…』

LINEで互いを知っていたとは言え、初対面で生で挿れてくれとは…

俺『本当に良いんだね?』

のぞみ『はい…挿れてください…』

俺『良い子だね…たっぷり突いてあげるからね』

仰向けに横になるのぞみを開脚させ性器を露にすると、上から覆い被さり

愛液でぐちゃぐちゃになった性器にゆっくりと挿入した。

まるでローションでも使ったかのようにぬるぬるしている。

のぞみ『ああぁ…あん…あっ…気持ちいいですぅ』

photo-012_convert_20180311130138.jpg

挿入しただけで叫び声に変わる。

俺『おまんこすごくきついよ』

のぞみ『恥ずかしいです…ああぁ…』

腰をゆっくりと動かしながら、キスで上の口も塞いでやった。

上下の口から止めどなくヨダレが垂れ、のぞみの淫乱度合いが増していく。

のぞみ『もっとしてください…もっとたくさん…』

キスをしながら唾液を飲ませた。

のぞみ『もっと唾液をください…美味しい唾液をください…』

のぞみ『もっと突いてください…めちゃくちゃにしてくださいぃ』

次から次へと淫乱な言葉が溢れてくる。

腰の動きを早めてから、わざとまんこから引き抜いてやった。

のぞみ『抜かないでください…早く挿れてください、お願いします…』

涙目で懇願するのぞみが愛しくなり、敏感になったまんこに指を2本挿れ

ポルチオを刺激するようにすると大量の液体がまんこから吹き出してきた。

俺『ほらぁ、何か出てきちゃったよ』

のぞみ『ごめんなさい…気持ちよくて何がなんだか分かりません…』

俺『よく見てて…潮でべちゃべちゃになったおまんこきれいに舐めてあげるね』

のぞみ『恥ずかしい…ああぁ…クリが良いです…』

口の回りが潮で汚れたが、そのままのぞみに潮を舐めさせた。

俺『潮美味しいでしょ?』

のぞみ『美味しいですぅ…もっとください…』

のぞみは全身に鳥肌を立てていた。

俺『四つん這いになってごらん』

photo-027_convert_20180311130259.jpg

のぞみ『はい…』

四つん這いにさせて後ろからクンニしてやった。

舐めやすいように腰を上げてくる。

時折匂いをかぎながらたっぷり舐めた。

俺『じゃあ挿れるよ…』

そう言うと俺は、もう一つの穴に指を挿入した。

のぞみ『いやぁぁ…出ちゃうぅ…』

中で優しくかき混ぜると、のぞみはイってしまったようだ。

俺『まんこよりアナルで先にイクなんて変態だなぁ、スケベ…』

のぞみ『ごめんなさいぃ…アナルでイってしまってごめんなさいぃ…』

のぞみを俺の物にしたくてたまらない。

しっかりと飼育しなくては…

          名器へつづく




0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment