Welcome to my blog

背徳の好奇心

正月が過ぎたとはいえ、観光地としても有名な神社は賑わいを見せていた。

もう時期立春だというのに、春の訪れを感じさせない、冷たく尖った風は容赦なく吹き付ける。

のぞみは厚手のジャケットに守られながらも、無防備な足は必死に寒さに耐えている。

車中の快感で汚した下着が寒さを増長させた。

せっかくだから、初詣の前に観光をすることになった。

バイブは入ったまま……

電源の入っていないバイブはただの違和感らしい。

人とすれ違う瞬間にバイブを暴れさせると、のぞみは俺の手を力強く握り、無言で首を横に振った。

何かを懇願するような潤んだ目は、拒絶の訴えではなく欲望の訴えだった。

周りから見ればどこにでもいる、観光地を巡るカップル……
のぞみのまんこで暴れるバイブは、お構いなしにのぞみの行動を支配し、一人で歩くことがままならない。

のぞみ 『もう…だめっ…立ってられない…』



のぞみ 『バイブ抜いてください…』



俺は聞こえない不利をしながら、観光を楽しんでいた。

のぞみは何度も懇願したが、反応が無いことに、諦めたようで必死に歩いてついてきた。

しばらくすると、のぞみの反応が静かになっていた…

どうしたのだろうか?

      つづく

良かったら押してください!

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment