挿入


のぞみの羞恥心が興奮に変わる瞬間を見た。

あんなに嫌がっていたのに、恥じらいを棄て、より快楽を求めている…

ひんやりと湿った下着を脱がしてあげた。

下着の布と性器が離れる瞬間に、無数の透明な糸が引いてお互いを惜しむような

光景を見せた。

てらてらと光った性器に顔を近付ける。

酸味と甘い香りに興奮して、男根が充血していくのが分かった。

自分の意思に反して、男根から透明な汁が止めどなく溢れて垂れていた。

俺『たっぷり舐めてあげるからね』

舌先でクリトリスを撫で、アナルに垂れそうな愛液を吸って口のなかに含んだ。

塩気がちょうどいい。

のぞみ『ああぁ…気持ちいいですぅ…』

photo-015_convert_20180311115320.jpg

のぞみは恍惚の表情とは裏腹にクンニから逃げ出そうとしている。

すかさず股に顔を埋めながら、両腕を掴み逃げられないようにして

クンニを続けた。

俺『どこが気持ちいいの?』

のぞみ『おまんこです…もっと、もっと舐めてくださいぃ…』

おまんこと簡単に言えるようになってきた。

虐めがいのあるペットだ。

ご褒美をくれてやらなきゃな。

俺『ここは気持ちいい?』

のぞみ『いやぁ…そこはいやぁ…』

のぞみのアナルを舐めてやった。

アナルに舌が入るくらいに舌先を尖らせて、アナルにねじ込もうとすると、

のぞみ『やめてくださいぃ……ああぁ…』

絶叫に変わる。

俺『舐めてくださいだよね?』

photo-049_convert_20180311115353.jpg

のぞみ『いやぁぁぁ…ああぁん』

俺『舐めるのやめようか?』

のぞみ『いやぁ…やめないで』

俺『どこ舐めて欲しいか言ってごらん』

のぞみ『おまんこですぅ…』

俺『あと他には?』

舌全体でクリトリスと膣を上下に激しく舐めた。

のぞみ『アナルですぅ…のぞみのアナルを吸ったり舐めたりしてくださいぃ』

会って間もないが、ペットとして優秀なことは間違いない。

よし、俺の確固たるペットとして仕上げてやるか…

のぞみは飛びそうな意識の中、次に来る快感を期待していた。

俺がコンドームを着けようとすると、

のぞみ『待って…』

怖じ気づいたのだろうか…?

            交尾へつづく



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment