Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮吹きの快感

のぞみのまんこは、まんこ汁が溢れるほどの湿りで、何の抵抗もなくちんぽを受け入れた。
挿入と同時に、ねちゃっ、くちゃっ、とちんぽに喰らいつき、まるで咀嚼しているかのような卑猥な音を発した。

のぞみの表情を見ながら緩急をつけた腰遣いで、のぞみの中で何度も何度もポルチオを突き、腰を振り続けた。


のぞみ 『だめぇ…、そこだめぇ…』

足を全開に開き、ほぼ九の字になったのぞみは、身動き取れず、ただ悲鳴をあげながら快感に耐えているようだった。
ちんぽはポルチオを突く度に、

のぞみ 『そこ…きもちぃぃ…もっとしてください…』


その言葉と期待に応えるように、俺は助走をするかのようなピストンの動きで、のぞみのまんこを攻めた。
全身に鳥肌をたて、眉間にしわを寄せながら、快感を味わっているようだった。

のぞみの半開きになった唇を閉じるようにキスをした。
興奮状態からか、積極的にのぞみの舌が入ってくる。
初めて出会った頃はキスが苦手と言っていたのぞみも、調教の成果があったのかすっかりキスが上達し、
そこに積極性も入り込み、当初に比べると比べようのないほど、卑猥なキスをするようになってきた。

しばらくピストンをしていると、射精感が込み上げてくる。
このままイってしまうのもつまらないと感じ、ちんぽを引き抜いて素早くまんこの中に中指、薬指をねじ込みかき混ぜた。

のぞみ 『えっ!?なに…ちょっ…あぁぁ…だめぇぇぇ…』

まんこに挿れた瞬間から、絶叫に変わった。

ピタピタ…クチャ…ピチャ…

絶叫は聞き流し、のぞみのまんこの音に聞き惚れてしまった。

ピタピタピタピタピタピタ…


のぞみ 『だっだめぇ…出ちゃう出ちゃう出ちゃう…あぁぁぁ…出るっ…』


湿る音は徐々に加速をつけると、明らかに手に温かい液体がついた。
そこでさらにかき混ぜると、広範囲にわたって液体を飛び散らせていた。
どうやら潮を吹いてしまったようだ。

のぞみは呼吸を荒げながら、力が入らないのかそのまま横になっていた。


俺 『潮吹いちゃったんだね。綺麗にしてあげないと』


俺は汚れたまんこを綺麗に舐め上げるが、のぞみは呼吸を荒げたまま微かに反応するのみでハッキリとした反応はない。


俺 『ちんぽ挿れてあげるね』


のぞみ 『いやぁっ…もうだめ…』


小さく反応するのぞみの足を開き、再び九の字にして容赦なくちんぽを挿入した。


のぞみ 『もう限界…許してくださいぃぃ…もうだめ…』
        つづく
良かったら押してください!

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。