Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どっちの穴…が、…きっ、気持ちいいのかぁ、わっ、分からないですぅ…』

のぞみのアナルに挿れた中指を音をたててしゃぶるように見せつけた。
のぞみは恥ずかしいのと興奮からか、

のぞみ 『ぅぅ、、ちんぽ欲しいです…』



絞りだすように言うのぞみを対面に座らせる。
四つん這いの快楽から解放されたのぞみの息は整いつつも、さっきまでの快感に酔った表情をしている。

顔を近づけキスをする。
同時に乳首を強めにつまむと、体をよじらせながら喘ぐ。
のぞみの小ぶりな胸は、クリトリスにも勝るとも劣らない感度を持ち、乳首の刺激を強めると、
キスをしている口からは喘ぎ声とよだれが漏れた。



のぞみ 『ちんぽくださいぃぃ…』

俺はそれを無視するようにのぞみにキスを続ける。

のぞみの唇を優しくゆっくりとトレースするように、決して止まることのないように
唾液で汚しながらキスをした。

のぞみは俺の舌を追いかけ吸い付こうとするが、捕まえることができない。
次第にお互いの唾液で溢れ、溢れた唾液は地面に糸を引きながら落ちていく。

逃げ回る舌を思うように捕まえられないのぞみは、俺の首に腕をまわすがそれでも舌を捕まえることができない。
首にまわした腕の力が強くなる。

愛しくて仕方なかった。

のぞみを押し倒し足を開かせまんこを見ると、アナルまで汁が垂れ落ちているのが分かった。
ちょうどいい…

中指と薬指で、まんことアナルを撫で回す。
撫で回すごとにのぞみは喘ぐが、これから起こる快楽にのぞみは耐えられるのだろうか?


中指をまんこに、それと同時に薬指をアナルに挿れた。



のぞみ 『えっ、なにっ…やだ、やっ、やぁぁ…』


のぞみ 『っくぅ…あぁあぁん…あっぁぁぁ…イクぅうぅぅ…』


挿れてから数秒で絶頂に達したらしく体を痙攣させていた。
構わずそのまま前後にピストンをする。


のぞみ 『っもっもう…だ…めっ』


再び絶頂へ。
ピストンは終わらない。


のぞみ 『ごめんなさいぃ…もっもう、かんべん…しっしてくださいぃぃ』


のぞみ 『もういやぁぁぁ、どっちの穴…が、…きっ、気持ちいいのかぁ、わっ、分からないですぅ…』

絶頂はとまらない…
         つづく

良かったら押してください!

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。