Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興奮する匂い

抱き合い見つめあうと、今までの激しいキスが嘘のように、ゆっくりと味わいながら互いの舌を絡めあった。
舌を絡めながら息継ぎをする。
息継ぎの瞬間に漏れる、のぞみの口臭に興奮を覚えた。

わざと息ができないくらいのキスをすると、のぞみの呼吸は速まり、呼吸とともに漏れ出る口臭をかいでいた。

そして、のぞみの唾液が空気に触れ乾燥していく際の酸味を帯びた匂い…
まんこの直接的な匂いにも匹敵するような興奮を与えてくれる。

しばらくの間キスを続けていると、のぞみは俺のちんぽを触りだし、許可なくパンツの中に手を入れてきた。



俺 『どうしたの?興奮しちゃった?』



のぞみ 『うん…ほしい…』



俺 『何が欲しいの?』



のぞみ 『ご主人様の…』


恥じらいがあるのか途中から消え入るような声音。


俺 『聞こえない』

俺 『どこに誰のが欲しいのか、しっかり言ってごらん』



のぞみ 『のぞみの口に、ご主人様のちんぽが欲しいです…』


のぞみ『お願いします。舐めさせてください…』


俺 『ほら、舐めてごらん?』



ジーンズのジッパーを下ろすと、のぞみは真っ先にちんぽを取り出した。
するとちんぽの匂いをかぎながら、手でしごきだし、物欲しそうな、何かに酔っているような表情を浮かべた。
どうやら、のぞみも匂いで興奮をするようになったらしい。

のぞみは我を忘れるようにちんぽにしゃぶりつくと、舌を淫らに動かし、くわえて離さなかった。

           つづく

良かったら押してください!

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。