Welcome to my blog

本能と愛情の融合

のぞみのまんこがあらわになると、舐めたい欲求が勝り、足をなかば乱暴に開きむさぼるようにしゃぶりついた。
舌の動きはいつもよりも激しく、荒々しさを全開に出してのぞみの反応を見る。


のぞみ 『あぁぁ、きょっ、きょう、はげしい…』

のぞみ 『あっ…そこいや…あっ』



舌をとがらせのぞみのまんこに何度も突き刺した。
舌を突き刺しては中で四方八方に暴れさせる。
まんこ汁は溢れて止まらない。



俺 『ほらぁ、スケベな汁がすごく出てるよ』

俺 『こんなに出しちゃっていけない子だね…』



のぞみ 『だって、きもちいいんだもん…』


これを聞いて、突然全てが愛しくなり、まんこ汁でべたべたになったまま、のぞみの口に舌をねじ込んだ。
のぞみは自分の味を気にすることなく、俺の舌に吸い付いてきた。
のぞみの舌からわざと逃げるようにすると、のぞみは一生懸命に追いかけて捕まえようとする。

なかなか捕まらないと、泣きそうになりながら、



のぞみ 『ねぇぇ!どうして逃げるのぉ…』



それには答えず、さらに逃げ続ける。
のぞみは俺にしがみつくように力を入れた。
必死に追いかけてくるのぞみの健気さに負けてしまった。

強く抱きしめ、そのまま離さなかった。
舌の動きを止めると、一生懸命に俺の舌を求めてきた。

のぞみの勢いが緩やかになった頃に、キスをやめてのぞみの耳元で

『愛してるよ』

そうささやくと、のぞみは俺の首に手をまわし、今までにないくらいの力で俺をホールドさせた。
そして一言…


のぞみ 『愛してるよ…』

              つづく

黄金比率!男女登録比率6:4!業界トップクラスの出会い率ハッピーメール!(18禁)



良かったら押してください!

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment