Welcome to my blog

中イキ女は拘束プレイがお好き。(完)

photo-040.jpg



のぞみ 『あうっ…もっと奥っ…』





のぞみ 『そこだめっ…』





俺 『え?、やめちゃっていいの?』





のぞみ 『いやぁぁ…もっとちんぽ欲しいですぅぅ…』





のぞみ 『あっ…ちんぽ突いてぇぇ…ちんぽちんぽっ…もっとくださいぃぃ…』





容赦なくちんぽを突き続ける。
しばらくすると、のぞみの力はなくなり、時間をかけてゆっくりと犯されている感じが、のぞみのまんこ汁を垂れ流していた。





のぞみ 『もっ、もうぅ、はやくイってくださいぃぃ…おっ、おっ、おねがいしますぅ…だめぇぇ…』
もう勘弁してくれと言わんばかりにまんこが刺激されているようだった。





俺 『そろそろイってあげようか?』





のぞみ 『のっ、のぞみのまんこの中にぃぃ…いっぱっ、いっぱい…せっ、精子っ…だっ、出してぇぇ、くっ…くださいぃぃ』





絶叫に変わっていた。





のぞみ 『はっ、はやくイってぇぇ…もうだめぇぇ…ゆっ許してくださいぃ…』





のぞみのくびれたウエストを強くつかみ、一気にスパートをかけた。





のぞみ 『いやぁぁぁ…うぅぅ…もっ、もう好きにしてくださいぃぃ…もっとめちゃくちゃにしてぇぇぇ』





俺 『出すよ』





のぞみ 『まんこの中にぃ、いっぱい、精子くださいぃ…はやく出してぇぇ』
縺ョ縺槭∩荳ュ蜃コ縺誉convert_20180422105731


のぞみのまんこの中で大量に精子を放出した。
精子が出るごとにのぞみのまんこが絞まるのが分かった。
まるで精子をまんこがゴクゴクと音を立てて飲んでいるようだった。





ちんぽを抜くとまんこ汁がメレンゲ状になり、ちんぽに絡みついていた。
のぞみのパイパンまんこからは精子とまんこ汁が混ざった淫汁が垂れている。





のぞみはまだ、はぁはぁと息を切らしていた。
手枷を外してそっと抱きしめながら頭を撫でてあげると、しがみついてくるのぞみが愛しかった。





俺 『ほら。もっと、まんこにちんぽ欲しかったら、ご主人様のちんぽきれいにしないと』





のぞみ 『……』





のぞみは小さく、うなずきながら、のぞみの汁がたっぷりついたちんぽをしゃぶっていた。

                   おわり



良かったら押してください!

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment