Welcome to my blog

中イキ女は拘束プレイがお好き。(11)

photo-024_convert_20180331190131.jpg


お尻を高くつき上げた体位で自由を奪われているのぞみは、興奮を隠すことができずに、どんどんまんこを塗らしていた。
まんこがいつでもちんぽを受け入れられるように、パックリと開いていた。




俺 『バックから入れてあげるね』




のぞみ 『…はい。…後ろからいっぱい突いてください』




興奮を隠しながらまんこにちんぽを擦り付けた。
ちんぽから大量に溢れ出ている我慢汁を、まんこの挿入口にたっぷりとつけながら、ピチャピチャとわざと音が出るように挿入を焦らしていた。




のぞみ 『…いやぁぁあ、のぞみのまんこにちんぽ挿れてください…』




焦らしつつも俺自身のぞみのまんこに今すぐ挿れたいと思っていた。




俺 『挿れるよ』




のぞみ 『はぁん…ああぁ…きもちいっ…』




のぞみの絞まりの良いまんこは、ちんぽから精子を搾り取ろうとしているのか、いつもならまだまだ射精感は出てこないはずだが、油断をすると発射してしまうかのような快楽に襲われた。




のぞみとのセックスを知ってしまったら、抜け出せる自信がない。
それぐらいの名器と言っても過言ではないだろう。




パン、パン、パン…




俺の下半身とのぞみのお尻の当たる乾いた音が一定で続いていた。
乾いた音とのぞみの喘ぎ声が混ざる。

つづく



良かったら押してください!

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment