Welcome to my blog

中イキ女は拘束プレイがお好き。(7)

仁王立ちのまま我慢汁にまみれたちんぽをのぞみは、クチャクチャ、クチュクチュと音をたてながら喉の奥までくわえ込み、自らイラマチオをして見せた。
裸体_2


喉の奥までちんぽをくわえ、息ができない時間をつくる。
いよいよ空気が欲しくなったときに解放してやると、異常なほどにまんこを濡らしていた。

のぞみ 『ご主人様のちんぽ美味しいです…』
一言発すると狂ったように、頭を前後に動かした。

ジュボッジュボッ…

空気と唾液の混ざる卑猥な音をわざと出しているとしか思えないほどのしゃぶり方と、力が抜けるほどの吸引力でフェラチオを続けていた。

口まんことはこの感覚なんだろう。
もはやフェラチオではない。
まんこに挿れている感覚と相違ない。

改めてのぞみの性欲とテクニックを見直した。
過去の女たちとは比べようのない、セックスに対する欲求と、好奇心を感じとることができた。

一生懸命にフェラチオを続けるのぞみにもご褒美をあげなきゃいけない…

そう思うと、俺はのぞみのまんこに手を伸ばした。

のぞみ 『あぁん…だめっ…』
まんこに触れるとのぞみが鳴いた。

まんこからは大量のまんこ汁…

まんこを舐めてやるか…
顔面をこすりつけながらしっかりとまんこを舐めてやった。
         つづく



良かったら押してください!

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment