Welcome to my blog

恥辱のスパイス 恥じらいの調教レッスン

のぞみはうつむいていた


目の前にどうどうと、自分のまんこ汁がついた指がさらされている。
通路を通りすぎる人の視界に入ったとしても、それがなんなのか知るすべはないだろう。

まさか回転寿司屋のテーブルの下でまんこを濡らされているだなんて、誰も思うわけがない。

どんな味がするのかたっぷりと味わって見せつけたい。

…ただ、普通に舐めるだけならいつもと同じ。
どうやったら、恥辱をのぞみに与えられるのか…

思いついた…

レーンに乗せられて運ばれてきた、サーモンの皿を手に取る。
手元に皿を置くと、まんこ汁がついた指をサーモンに塗った。
オレンジ色のサーモンがうっすらと白みを帯びる。

一部始終を見ていたのぞみは、これから起こることを予想していた。
表情からは察することはできなかったが今か今かと、その時を待っているに違いなかった。


俺は見せつけるように、まんこ汁がついたサーモンの寿司を食べて見せた。
のぞみは『いやぁ…』と発したが嫌がるそぶりは見せなかった。

まんこ汁の塩気と、サーモンの相性が良かったことに驚きのぞみに味を教えた。

俺 『のぞみのまんこ汁の塩気が、サーモンと酢飯にすごく合ったよ』

のぞみ 『…恥ずかしい…』

のぞみはモジモジとしながら、アルコールを飲んではごまかしていた。

興奮しているのぞみの耳に軽く息を吹きかける。
のぞみは『あっ…』と軽く喘いだ。
それと同じタイミングで、まんこに再び指を挿れた。

まんこ汁の量の多さに、2本の指は難なくまんこへの侵入に成功する。
のぞみは再び声を押し殺す。

指の動きに比例してのぞみの表情は、恍惚と苦痛を繰り返していた。

俺 『ほらぁ、のぞみのまんこがイタズラされてることバレちゃうよ?』

のぞみ 『いやっ、やめて…』

俺 『やめちゃっていいの?』

のぞみ 『嫌です…』

俺 『どうしてほしいの』

のぞみ 『イキたいです…』

指を抜きクリトリスを責める。

俺 『中イキしたいのかなぁ?』

のぞみ 『はい…中イキしたいです…んっ』

再び指を2本挿れると、ゆっくりと力強く一定のリズムで動かした。
のぞみはうつむきながら、声を出せずじっと耐えていた。

その表情が愛しく感じ、指の動きを速める。
のぞみの表情はみるみると恍惚の表情に変わっていく。

のぞみ 『だめっ…イっ、イっちゃう…』

のぞみは再び小刻みに身体を震わせると、力なくもたれかかってきた。

俺 『またイっちゃたの?』

のぞみ 『はい…イっちゃいました。』

指をまんこから引き抜くと、大量のまんこ汁がついていた。
指についたまんこ汁を舐めながら、グラスに残っていたアルコールをあおった。

この後は時間がなくセックスまでには至らなかったが、回転寿司屋で中イキさせたことに満足した俺は、次の非日常的な調教方法を考えていた。

          おわり

良かったら押してください!

初回登録で最大120Pのポイントプレゼント。業界トップクラスの出会い率と安心を!ハッピーメール!(18禁)

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment