Welcome to my blog

底なしの性欲

のぞみと一緒に飲んだ夜のぞみに中出ししてから、のぞみの変態願望が解放され始めた。

次第にご主人様のちんぽを独占したいという願望、欲望が芽生えるようになると、

LINEで『したくなっちゃった…』、『今触ってる…』、『たくさんイカせて欲しい…』、『ちんぽしゃぶりたい…』、

卑猥な言葉を並べるようになってきた。

photo-029_convert_20180311084641.jpg

もちろん、俺もそれに同意しLINE上では疑似セックスしているかのような、生々しく欲望丸出しな言葉が

並べられた。

寝るときはのぞみと電話を朝まで繋ぎ、お互いの寝息を聴きながらまるですぐ隣に一緒にいるかのような

錯覚すら感じた。

寝る直前少し悪戯心が働き、俺はのぞみに、

俺『今どんなパンツ履いてるかご主人様に教えてごらん?』

のぞみ『白いパンツだよ。』

俺『へぇ、可愛いパンツなんだろうね』

俺『ちょっとさぁ、まんこ濡れてるか触ってごらん?』

のぞみ『えぇ~!?』

俺『ほらぁ、早く触ってごらん?』

電話越しにごそごそと音がする。

嫌と反応したのに従順でさすが、ペットとしての素質があるようだ。

のぞみ『濡れてる…』

photo-029_convert_20180311091928.jpg

俺『どうして濡れてるの?』

のぞみ『分からない…けど…ぬるぬるしてる…』

俺『じゃあ、そのぬるぬるでクリを触ってごらん?』

のぞみ『はぁん…あっあっ…きっ、きもちいい…』

電話越しから喘ぎ声が聞こえてくる。

俺『いっぱいまんこの汁出ちゃったの?』

のぞみ『はい…まんこの汁すごいです…』

俺『受話器近づけてみて?まんこの汁の音聴かせてよ?』

そういうと、ガサゴソ音がした後、

『クチュクチュ』、『タプタプ』、『ピチャピチャ』と湿った音の後ろで、

のぞみの喘ぎ声が響いていた。

のぞみ『のぞみのまんこの音聴いてくれましたか?』

すっかりペットになりきっている。

俺『うん、しっかり聴こえたよ。』

俺『指にたくさんのぞみの、まんこの汁ついちゃったね。』

俺『指についた汁舐めてごらん?』

のぞみ『はい…』

指をしゃぶる音が聴こえてきた。

俺『美味しかった?』

のぞみ『はい…美味しかったです…』

           優秀なペット、のぞみの火照ったまんこへつづく


あなたものぞみのようなドМでスケベなパートナー
欲しくありませんか?

のぞみとの出会いは、ここのサイトではありませんが出会い系サイトで出会いました。

可愛いペットが見つかったら人生変わるかもしれませんよ?

                 


18歳未満はご利用できません

◆会員数1000万人突破の日本最大手の出会いマッチングサービスです。

ワンクリック詐欺ではありません!

会員数1000万人突破
創設から10年以上のサイト運営実績
女性は完全無料
フリーメール・匿名での登録OK
年会費なし・登録無料
365日体制での有人による運営・サポート
業者などを徹底排除・もちろんサクラは一切無し
好きな時に好きな分だけ使えるポイント制

さらに、会員登録すると無料ポイントついてきます!!!

ちなみに僕は無料ポイントのみでのぞみと出会いました。

出会いは突然なんです!

運命の出会いを逃がさないように!

良かったら押してください!

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 中イキを覚えた淫乱女の調教レッスン All Rights Reserved.