余韻


時間の許すままにのぞみの身体を愛撫してやった。

のぞみは何度も何度も絶頂を迎えたが、それでも更にちんぽを求め、

快楽に溺れているようだった。

名残惜しくも時間は過ぎ帰り支度を始める。

トイレに行こうとしたときに、

俺『目の前でだしてごらん?』

のぞみ『えっ……嫌です…恥ずかしいから…』

俺『だめだ。目の前でするんだよ?』

なんとも言えない表情をしているのぞみの手を取り、浴室まで連れていった。

その日初めて入る浴室はひんやりとしていた。

のぞみをしゃがませる。

俺『してごらん?』

のぞみ『恥ずかしい…』

俺『しないならもうご主人様にならないよ?』

のぞみ『いや……』

のぞみは無言のまま下腹部に力を入れ出した。

緊張からかなかなか出てこない。

軽くクリトリスを撫でてやると、喘ぎ声に合わせるようにチョロチョロと

音がし始める。

のぞみ『恥ずかしい…見ないで…』

最初は滴のようだったが、徐々に蛇口をひねったかのように勢いよく溢れだした。

俺はのぞみの体温を感じるために、まんこから出る黄色い液体を手ですくうようにした。

のぞみ『恥ずかしいからやめてください…』

俺『すごく温かいよ。匂いもすごくするね…』

浴室が尿臭で満ちている。

俺『ほらぁ、見てごらん。手がびちゃびちゃだよ。汚れちゃったね…』

のぞみ『ごめんなさい…』

俺『どうして謝るの?』

のぞみ『ご主人様の手を汚してしまって…』

俺『じゃあ、ちゃんと謝らないと…』

のぞみ『はい…汚してしまってごめんなさい…』

俺『誰が何で何を汚したのか言わないと…』

のぞみ『のぞみの尿で、ご主人様の手を汚してしまってごめんなさい…』

俺『良く言えたね…偉かったよ…』

のぞみの目の前で俺の手についた尿を、一滴残さず舐めて見せた。

のぞみ『いやぁ…恥ずかしいです…やだ…』

のぞみのまんこを触ると、尿とは違う粘着性のある汁が指に絡みついてきた。

良いペットを見つけた…。

これからもっと虐めてあげないと。

こうして主従関係が始まった。          
               終わり



 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment