名器


アナルでイってしまったようだ。

本当にスケベなペットだな…

俺『いつもアナルでイっちゃうの?』

のぞみ『…アナル初めてなんです…こんなに気持ちいいなんて思わなかった…』

これを聞いて余計に虐めたくなった。

アナルに入れた指をそのままにしてクリトリスを舐めながら、指を動かす。

勃起したクリトリスを舐めてアナルの中を刺激してやると、獣のようなうめき声をあげた。

容赦なく攻め続けるとのぞみは何度も絶頂に達し、よりいっそう鳥肌を立てる。

俺『アナルでイクなんてスケベで変態だよ』

のぞみ『ごめんなさい…恥ずかしい…あぁ…』

のぞみの反応が愛しくなり更に虐め続けた。

のぞみ『もうだめです…欲しいです…』

俺『何が欲しいのか言ってごらん?』

のぞみ『おちんちんが欲しいです…』

俺『どこに?』

のぞみ『おまんこに挿れてください…』

俺は無言のまま、のぞみの目の前にちんぽを見せつけた。

物欲しそうにしていたのぞみは我慢できなくなったのか、しゃぶりついてきた。

俺『美味しい?』

のぞみ『…はい…美味しいです』

舌先を器用に動かし亀頭を刺激する。

亀頭の先端からは我慢汁が沸きだし、舌先と亀頭の間に糸を引いていた。

舌先で遊んだあとに口全体で亀頭を含み、亀頭を舌で転がしながら上下に頭全体を

動かしている…

時折吸い付く『ジュポッジュポッ』と卑猥な音をたて長い髪をかきあげながら

一生懸命にフェラをしていた。

それと同時に空いてる手でクリトリスを刺激しオナニーを始めた。

photo-015.jpg

根っからのスケベで変態なんだろう…さすが調教願望があるだけのことはある。

俺『四つん這いになってごらん』

卑猥なまんこが丸見えになるように、お尻を高く突き出させた。

アナルとまんこを軽く舐めたあとに、

俺『挿れるよ…』

亀頭をまんこに擦り付け、愛液で潤滑させた。

細くくびれた腰を鷲掴み、一気に挿入した。

のぞみ『ああぁぁ…あぁ…ああぁぁ』

言葉にならないようで、悲鳴をあげることしかできないようだ。

たくさん絶頂に達したせいか、まんこの熱が上がっているように感じられた。

それにしても気持ち良いまんこだ。

イク瞬間は膣が締まり、引き抜こうとすれば抜かせまいと、まんこがちんぽを

くわえて離さない。

まんこのビラビラが、ちんぽにまとわりつく光景は興奮状態を加速させる。

まんこからちんぽを勢いよく抜き、四つん這いのまま中指と薬指をまんこに挿れ

思う存分暴れさせた。

のぞみ『いやぁぁぁ…あぁ…出ちゃう出ちゃう…やめてぇ…出ちゃうぅ…』

ピチャピチャからタプタプへと音が変わり始めると、まんこから汁が飛び散る。

腕いっぱいに飛び散った汁は滴り、シーツを汚していた。

俺『ほら、綺麗に舐めてごらん』

腕を差し出すとのぞみは滴る自分の汁を味わうように舐めている。

photo-001_convert_20180311133251.jpg

俺『美味しい?』

のぞみ『はい…美味しいです…』

ご褒美に汚れたまんこを舐めて綺麗にしてやった…

               快楽へつづく





0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment